三木旅

Img_0228

お正月は三木市へ。まずは三木山森林公園。園内にあるレストランにてバイキング。ヘルシーでおいしかった。空気もきれいで良い感じ。木のおもちゃで少し遊ぶ。

Img_0246

ヤクルト三木工場へ見学に。キッズコーナーで遊べた。

Img_0254

椅子可愛い。

Img_0259

ミルミルタウン

Img_0359

お土産もろた。大人はオープナー、子どもは物差し。アニメ見たり多少遊べるコーナーはあったけど、3歳児にはまだ早かったかなぁ。乳酸菌を色々試してみたくなった。

Img_0363

ネスタリゾート神戸に泊まった。娘にアメニティくれた。歯ブラシ、歯磨き粉、ハンカチ、スリッパ。ホテルの庭の遊具で遊んだ。帰りは巡回してる2階建てバスの2階に乗ってみた。寒かったけど、見晴らし良くて楽しい。幅取るから少しの間渋滞作ってた。帰ってから娘はロビーでままごとごっこ。注文を全員に取りに来るが、最後に頼んだやつしか覚えてないのであった。

Img_0292

晩御飯は和食。肉料理二品に加えて魚も2品出てきてしかも、鯛がまる1匹ですごいボリュームだった。さすがに食べきれず。写真はデザート。雪だるまが可愛い。うちの両親も含めた5人旅だったが、全員分の苺を娘にいかれた。他のもこれぐらい食べて欲しいところ。ペットボトル水のサービスは良かったけど、駐車場代が千円かかったり、1階の部屋へ行くのに一旦2階へ上がる面倒さは頂けない。Img_0339

2日目は三木山森林公園&ホースランドパークで遊ぶ予定だったが、雨のため断念。娘の希望でアンパンマンミュージアムへ。雨の休日とあって混んでたけど、娘は上手いことスペース見つけて最前席を確保、隣の子と談笑したり親に似ず世渡り上手い。ホラーマンやバタコさんとツーショットも撮れたし、予想よりみっちり楽しめた。

Img_0368

作品たち。前回より上手に塗れたかな。

Img_0362

子どもにでんでん太鼓、全員にラバーコースター、JAFカード提示でチケットホルダーもらえた。

にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

滋賀湖南旅

Img_8291

行きは桂川PAで休憩。和な定食。あっさりでおいしい。

Img_8292

ピエリ守山でハロウィン迷路やってみた。ピエリは思ったより人いた

Img_8343

ラフォーレ琵琶湖泊。晩餐は和な会席。

Img_8345

Img_8346
ピエリ、ラフォーレの体育館、プールで暴れまくったので、娘は食事途中で寝る。

Img_8402

次の日は妖怪ウォッチのプラネタリウム見てから琵琶湖博物館へ。水族コーナーがリニューアルしたので混んでた。写真は鰯と見せかけて鮎。湖つながりでアザラシまでいてもはや琵琶湖関係なし。



にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

長浜一泊旅

Img_7263

夏休みは長浜ロイヤルホテルへ。娘はプールを楽しんだり、ゆるキャラの三成くんとツーショット撮ったり、夜はよさこい踊ったり。長浜鉄道スクエアで動く鉄道模型で遊んだり、おもちゃの電車に乗って操縦したり、車掌さんの格好したり普段なかなかできない経験が色々できた旅でした。バルーンうささんはホテルでもらいました。

にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

南あわじ一泊旅

Img_6579

土日はホテルニューアワジプラザ淡路島へ。ホテルからの夕日。大鳴門橋。

Img_6568_2

夕食は地元の魚をメインに。

Img_6572

淡路牛。

Img_6623

行きと帰りの昼はハイウェイオアシスで。しらす丼にハマって帰りも頼む。ちょっと涼しいくらいだったけど、娘はホテルでプール楽しんでた。

にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

沖縄本島旅行記(4年振り)

Img_4628

4月5日から4日間、沖縄本島旅(4年振り)へ行ってきました。行った場所は4年前の4月とだいたい同じ。その時の記事で詳しく書いたので、今回はさらさら~と書く。4年前、4月に本島、6月に石垣島と巡って今回は宮古島と見せかけての本島。2人旅だったのがまさか娘(2歳7ヶ月)と3人で再訪することになるとは。宮古か迷ったけど子どもが楽しめそうな施設があまりないし、子連れの大変さもあると思うので行き慣れた本島北部にした。ホテルも前回と同じマハイナ。不安だった飛行機も着陸の時に耳が気持ち悪そうにしたくらいで乗り切れた。1歳未満の子は泣いてたっぽい。写真は伊芸サービスエリア下りにて。冷やし沖縄そばともずく天ぷら定食とあぐーの豚丼定食。道の駅許田のお店のお兄さんが娘に小さな貝の詰め合わせをくれてアンパンマンの曲を笛で演奏してくれた。娘は聴き入っていた。

Img_4638

部屋は和洋室。4人は泊まれそうな広々ルームになってよかった。娘は興奮して走り回る。

Img_4688

2日目は古宇利島へ。

Img_4730
前回行った時は無かった古宇利オーシャンタワーへ。階段は狭くギリギリすれ違えるかどうかくらいで小さい子連れ向きではない。エレベーターはあるが、展望台までの途中1階分は階段のみ。1回行ったらもういいかな。

Img_4731

展望台で鐘を鳴らせます。結構大音量。

Img_4743

海は怖がって全然見てない。ひたすら砂遊び。琉宮城蝶々園では蝶々が集まってる造花を持って写真を撮れるが娘は怖がる。伊丹に比べて規模は小さめやけどこっちは常温なのが過ごしやすくてよかった。

Img_4789

海洋博公園へ。水族館は3日目に行くので無料のイルカとか見るかと向かってたら巨大網遊具コーナーを見つけられてしまう。

Img_4790

イルカショー。かかってる曲は4年前のやつよかったのになぁ。娘は前行こ!と私たちを最前列まで引っ張っていった割に途中で飽きる。

Img_4797

Img_4800

晩は豆腐ちゃんぷる~定食と魚のまるごと一匹バター焼き。1日目の晩は混んでたので売店で沖縄そばやジーマーミ豆腐で軽く済ます。朝はずっとバイキングで結構お腹いっぱいになるので2日目昼は軽食やアイス(紅芋、パイン)。1日目晩と2日目朝にかけて混んでただけでそれ以降は空いてたのでよかった。娘は味噌汁やもずく、スープ等汁物大好き。豆腐や魚も食べた。

今回の古宇利島一眼写真はこちらから→ 古宇利島(旅写真な日々)

今回の琉宮城蝶々園一眼写真はこちらから→ 琉宮城蝶々園(旅写真な日々)

にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

明石海峡公園

Img_1833

4月15日~1泊2日で明石海峡公園へ。ウェスティンホテル泊。娘と3人では初めての旅。前行ったのは結婚前の2006年に日帰りで。

Img_1850_2

Img_11854

Img_1855

Img_1867

Img_1872

Img_1875_2

移動中にぐずって大変な部分もあったけど、お菓子でごまかす。淡路産の食材をたらふく食べ、大きな遊具コーナーでよく遊んだ。

今回の明石海峡公園一眼写真はこちらから→ 明石海峡公園(旅写真な日々)

石垣島 鍾乳洞

Sbsh11995日目。この日が最終日で4回目の最後の朝食。出来立てフレンチトーストうまし。

Sbsh1201天気が回復してきたこの日はレンタカーでもう一度石垣島一周。行ってないところ、もう一度行きたい場所をしっかりと目に焼き付けて帰ろうと思う。まずは開館直後の鍾乳洞へ。鍾乳洞が特に好きというわけではないけど、本島のときは南部にあり、北部メインで旅してたので行かず。今回は近くにあるので、規模も大きいみたいだし割引券も付いてたし行ってみることに。

Sbsh1204外は炎天下なのに中はひんやり快適。しっとりしてるけど湿度の高さによる不快感はない。しょっちゅう雫が落ちてきてよけるのが難しい。

Sbsh1206自然の造形美すごい。

Sbsh1215ホラーゾーン。

Sbsh1217落ちてたまるか(受験石)と書いてあります。

Sbsh1218これが見たかった。

Sbsh1223ディズニーのアトラクションでありそうな雰囲気。これが自然にできてるとは恐れ入る。その後、玉取崎展望台(再)→平久保崎(再)と行った。その様子は2日目のそれぞれの記事にまとめて載せてあります。宜しければ天気悪いと良いバージョンで見比べてみてください。

Sbsh1263その後、せっかく北部まで来たのでその辺りでお昼を食べようってことで、明石食堂へ行ってみた。雑誌に載ってる店だけあって混んでる。けど回転が速いからかすぐに呼ばれた。これまで空港の食堂とか居酒屋でしか食べたことがなかったけど、ここのはトンコツの出汁が効いててあっさりでおいしい。有名店じゃない店のも結構好きだな。カーナビでも場所が分かりにくかったけど、かまぼこ屋のトラックに付いて行ったら発見。写真は八重山そば。

Sbsh1265最後は川平湾でゆっくりして帰ることに。 途中、2日目に見つけたけど天気が悪かったので通り過ぎた米子焼きの工房で可愛いシーサーたちにまた会えた。

Sbsh1266

Sbsh1267 Sbsh1268 Sbsh1269 Sbsh1270 Sbsh1271 いつかまた行けたら今度は買いたいなぁ。小さいシーサーセット。その後、市街地に戻る時間まで川平湾でのんびり。帰り道で炎天下の中チャリで回ってる人を見てお疲れ様です・・と思った。自転車なら曇りが最適かなぁ。戻ってからはスーパー【タウンプラザかねひで】で沖縄食材を買い込んでレンタカーを返し、空港まで送迎してもらう。

Sbsh1339空港でアイスを食べる。私が紅芋、オットがシークヮーサー。帰りの飛行機からは屋久島が見えた。予定より早く着き、関空で晩御飯を食べて帰路に。家に着くとふぐちゃんたちも無事で一安心。

Sbsh1340旅のおみやげ、雑貨編。右のは鍾乳洞で買った手ぬぐい。石垣港のおみやげ屋でもあった。

Sbsh1342_2紙袋の柄がかわい。

Sbsh1343手ぬぐい。石垣島の名産や文化の柄。

Sbsh1345おみやげ食品編。かねひでで買ったのは左端下よりテビチ、ゆし豆腐、ひらぁぐわぁー(かまぼこ)、中央の赤い実はパッションフルーツ。

Sbsh1346旅のカタログたち。もらいすぎてカオス。

Sbsh1348さっそく次の日に食べたテビチ。コラーゲンの塊。ひとつ食べただけでかなりもたれます。

Sbsh1350ゆし豆腐とひらぁぐわぁーを塩と醤油で煮込んでみた。優しいお味。今回の旅は台風が2つ来た割には理想に近い旅ができてよかった。那覇経由にしたら行けていなかったし、無事行き帰りできただけでもありがたいことだ。沖縄の道や観光情報を色んな方に教えていただき助かったり楽しめた部分は大きい。沖縄の人の温かみに触れた旅でもあった。しようね~とか、さ~とか方言も優しくて好きだなぁ。また行きたい気持ちにさせる、そんな旅でした。

Sbsh1347おしまい。

今回の美写真版はこちらから→ 石垣島鍾乳洞(旅写真な日々)

主に帰りの機内からの様子→ 関西空港⇔石垣空港(旅写真な日々)

石垣島 フサキビーチ

Sbsh11334日目の朝。3度目の朝ごはんは肉じゃがと豆腐ちゃんぷるーがあった。船に乗る日は控えていた卵料理で気になってたアダンの芯入りオムレツを頼んでみた。筍みたいな食感だった。朝は一時スコールみたなどしゃ降りがあり、その間だけホテルで雨宿り。マシになってきた頃にまだゆっくりとは見れてなかった市場付近を散策してみることに。公設市場の1階は行ったが、2階は初日に閉店後で行けなかったので見に行ってみた。他に、可愛い雑貨が置いてそうな店を適当にめぐる。ある程度大きかったり、他にお客さんが入ってたら入りやすいけど、すれ違う人たちも同じような感じらしく、中に入りづらいので外からじーと覗くのみ。割と放っといてくれる店ならいいが、積極的に来られると逃げ出したくなる。昨日行った竹富島の場合は、普通の家の玄関から入っていく感じの雑貨屋とかで、絶対買うつもりがないとそうやすやすとは入れない雰囲気。那覇と同じででっかい系のおみやげ屋はだいたい品揃えが同じなので、石垣島名産店は2日目に車で行けるとこも行ったし、だいたい見た。市場通りではマックスバリュで買ったより波照間産の黒糖が安かった。山盛りの星砂もあった。ゆんたく場とかもあって面白い。

Sbsh1136うろうろしてるうちに昼になり、昨晩見つけて気になってた千円で食べれるというホテルグランビュー石垣のランチバイキングへ行ってみた。会員登録をすると900円。旅では普通、食べることより綺麗なとこを見ることに重点を置いているので、バイキングとか時間が勿体ないし満腹で歩きづらくなるのでまず利用しないが、今日は天気も期待できそうもないし、行きたいとこもだいたい行ったってことでゆっくりすることに。時間制限はないけど、2時間くらいで出るだろうと思ってたが思いの外居心地がよく、今日のこれからや明日の予定を話し合ったりしてるうちに3時間が過ぎていて、結局最初から最後まで居た。沖縄っぽいの食材はあまりないけど、無調整の豆乳がすごく美味しかった。癖がなくまんま豆腐を飲んでるみたいな。現地のお客さんが多いのか沖縄の、~しようね~て会話が飛び交ってた。

Sbsh1137デザート。右のプリンに石垣塩キャラメルをかけてみた。数少ない沖縄メニュー。午後から回復とあったのに相変わらず雨はやまず、再び市街地散策。今度は昨日閉店してた石垣港のおみやげ屋とかを見に行くことに。出航状況を見てみると、月曜から引き続き波照間便は欠航、西表行きは欠航便が多かった。波照間へ行きたかった人はさぞかし残念だったろう。けどお金と時間を考えると、完全に晴れな日に行かないと勿体ない島だ。パソコンコーナーでは23日に開催されるハーリーの特集がやってた。その後、近くに図書館もあったので沖縄本でも読もうかと行ってみる。畳の間みたいなとこもあり、さすが沖縄って感じだ。途中の道で竹富町役場があった。役場は石垣島にあるのか。

しばし図書館で雨宿りして止んできたので、もう市街地も見たいところがないし、レンタサイクルで行けるとこまで行ってみようとなった。石垣島のレンタサイクルは良心的で一日500円だった。16時から4時間にしたので400円。7時半ぐらいまではなんとかまだ乗れそうだったので。ただ8時を超えると街灯も無いのでチャリライトを点けようが関係無いレベルでやばい。1時間はゆっくりできる場所で絶対時間内に帰ってこれそうなフサキビーチにしてみた。ホテルが近くにあるので、トイレも安心。市街地を抜けてからもかまぼこ屋や商店やら車では一瞬で通り過ぎてた店が色々見れて楽しい。半分くらい来たところで緑が深くなり、30分でホテルに到着。最初、ホテルを越えたとこにあると思ってて入り口を探したが一向に見えてこず、ホテルまで戻って中を通って行くと分かった。フサキビーチリゾートは全室コテージらしく赤瓦の屋根が立ち並ぶ。雨や台風のときはちょっと難儀かもなぁ。

Sbsh1138_2アクロバティックシーサー。割とデザインは何でもありなのかな。マエサトビーチもそうだったけど、まさか中にあるとは思わず着いたときはお客さんじゃないのに入ってもいいのだろうかとちょっと肩身が狭かったが、おみやげ屋で本島旅に行ったとき買いそびれて気になってた者に再会できてゲット。これで晴れてお客の仲間入りをしたところでビーチに向かう。

Sbsh1146 最初は曇ってた。

Sbsh1148 Sbsh1152 Sbsh1156 Sbsh1158 Sbsh1160 Sbsh1164 遠くでウミガメの観察会みたいなんしてるっぽかった。その時は興味がなかったけど、 しばらくして浜辺に向かって人の列が出来たので、まさか子ガメの放流か!?と思い急いで駆けつけてみたら、いた!生まれて間もない者たちが一心不乱に海を目指す。野生の本能はすごい。 時々小さな穴にはまって、立ち止まるがまたすぐ這い出して。方向が曲がっても軌道修正することなくひたすら海に着くと信じて駆けてゆく。海に入るとすぐに流れて消えていった。 非常に貴重なものを見せてもらいました。ここまで来た甲斐があった。

Sbsh1172日が落ちてきた。とりあえず帰れるギリまでのんびりすることに。

Sbsh1174_2 桟橋で釣りしてる人が必死過ぎて怖かった。

Sbsh1175

Sbsh1186いつまでも見てられそうな夕日。さて、そろそろ帰らねば。どこへ行くときもそうだが、帰り道は行きの倍位長く感じる。やっと緑ゾーン越えたと思ったら街ゾーンもまた長い。1時間は漕いだように感じられた。レンタサイクルを返却。

Sbsh1190そして最後の晩餐は一番豪華に。残しておいた夕食無料券、ここでついにご利用。ホテルの近所の3箇所でひとり3000円分食べれるのです。おいしかったので【ひるぎ】にした。まずは気になってたスクガラス豆腐。魚の塩味が豆腐に合う。シンプルな味わい。ドリンクはマンゴーにした。オットはそれの酎ハイ版。

Sbsh1192お次は海鮮ジャンボサラダ。海ぶどうの下に島魚たっぷりと山盛りの野菜たち。軽く4人前はありそうな量。オットの注文だが、どえらいもん頼んでくれたね君・・となりつつも美味しい。ドレシは生姜風味のさっぱり味。野菜ならいくらでもいけるけど、バイキングでもこんなに食べることはないぐらいの量だ。チャリでいい運動をしたとはいえ、まだ昼のバイキングが残ってる感じで果たして券を使いきれるのか大いなる挑戦みたいになってきた。

Sbsh1193続いて食べてみたかったウツボの唐揚げ。白身は鳥のささ身のようでもあり、皮は香ばしくてパリパリ、その下に分厚い脂身があり、コラーゲンたっぷり入ってそう。

Sbsh1194_2オットが食べたかったらしい石垣牛ハンバーグ。当たり前やけどビッグボーイとはやっぱり違う。肉自体の味がちゃんとする。香りと味が口に広がります。

Sbsh1195この辺りからお腹いっぱいになってきて、あとは量が少なくて高いやつにしようと、普段の真逆のブルジョアな思考をするに至った。ゆし豆腐はお手頃やけど、これならするする食べれそうだったので。やっぱりおいしい。沖縄の豆腐最高。

Sbsh1196 最後はブルジョアな一品、タカセ貝のお造りにしてみた。アワビを濃くしたような感じ。とはいえアワビを滅多に食べないのでどんな味だったか忘れた。 休憩後、静かに入りたかったので、入浴時間終了30分前にしたのに思いの外人がいた。やはり週末にかけて混んでくるようだ。掃除のおばちゃんが片付け始める中、終了5分前に入ってる猛者もいた。 因みにオットは貸切状態だったらしく羨ましい。 私もこれまでは貸切に近い状態だったので、週初めとはやはり全然違いますな。 最後の入浴タイムも終わり、長命草風呂ともこれでお別れ。そして最後の夜。

Sbsh1197フサキビーチリゾートで買ったおみやげ。この前本島で買ったイリオモテヤマネコのと同じシリーズで、アグーと水牛。特にアグーを買いそびれて欲しかったので出会えてよかった。同じシリーズでゴーヤとパイン、シーサーはよく見るが、これらは意外とない。イリオモテヤマネコは石垣島で見て回った中ではなかった。これはテニスボール大くらいで、ハンドボールくらいのサイズ大もたまにあり。

今回の美写真版はこちらから→ フサキビーチ(石垣島)(旅写真な日々)

竹富島(ちょっと小浜島)

Sbsh1049 3日目は竹富島へ。ついに船旅どきどきです。2回目の朝ごはんは、ゴーヤちゃんぷるー、島豆腐の厚揚げ、昆布イリチー等のメニューが昨日と違った。卵やオレンジは酔いやすい食材と昔聞いた気がしたので念のため控える。

Sbsh1050 人生初の高速船に乗って10分で着。外の席は燃料の臭いがきつく、出発前からゆらゆらしてて大丈夫かな~と思ってたが、動き出すと上下に揺れるだけなのでましだった。フェリーと違ってすごい速さ。竹富島に着くと皆水牛車か宿泊先か何かの送迎バスで去っていき、歩いているのは自分たちだけな状況に。徒歩でも行けるとあったが、炎天下で名所を回るにはちときついかも。レンタサイクルで軽快に駆け抜けていく人を見ると借りればよかったかと少し後悔。

Sbsh1051 獣臭がしてきたと思ったら牛さん休憩中。えらく痩せてる。ヤギもいた。

Sbsh1068 延々と続く道が終わってようやく西桟橋に到着。晴れてきてよかった。このときはまだ・・。

Sbsh1070 離島は水色の範囲が長いんかな。

Sbsh1075

Sbsh1077 桟橋ではヤッコやハギ等カラフルな海水魚が間近に見れた。

Sbsh1084

Sbsh1089 浜辺沿いに歩いてコンドイビーチへ。猫さんが人に慣れてた。途中の道でタイドプールが出来てて中に魚が見えた。

Sbsh1091 腰まで浸かるけど歩いて渡れるビーチができてた。

Sbsh1102 そしてまた浜沿いに歩いて目当てのカイジ浜へ向かう。

Sbsh1104 カイジ浜着。ここで星の砂を拾ってみたかった。お土産屋で買ったやつじゃなくて、自分で拾うことに意義がある。なかなか見つからないので、もう観光客に拾われきったのかな・・と思ってお土産屋のお姉さんに聞いてみると、取れるポイントを教えてくれた。オレンジがかった岩場の辺り。掌を押し付けるとサンゴ砂に混じって星砂が。こんなに小さいとは。いくらでも取れるので、しばし夢中になって選別作業。1時間くらいしてさすがに疲れてきて、持ってきた瓶に層になるまで集めるのは至難の業だ。油断すると風で飛んでいくし、欠けてないやつを選ぶのも難しい。石垣市の市場でざるに山盛り積まれてスプーン一杯100円で売られているのを見たけど、あんなに取れるってことは大量に落ちてるポイントがあるのだろう。漁師さんが海の底で拾うとお姉さんも言っていた。でも大量に欲しいわけではないので拾えて満足。

Sbsh1108 最後は集落へ向かう。絵になる風景。

Sbsh1109 なごみの塔へ。

Sbsh1111塔からの眺め。空いてたので登ってみたが、聞いてた以上に急だった。急な上に足の置き場が極端に狭く、足を横にしないと登れない。

Sbsh1115水牛車の車部分。

Sbsh1117 休憩中の水牛さん。近づいていくとこっちを見てため息。お疲れのところすいません。

Sbsh1118仕事中も見たいなぁと思い、足跡と車輪の跡を辿っていくと歌声と共に水牛車がやってきた。

Sbsh1121 目的は達したので昼過ぎに石垣港へ戻り昼食タイム。歩いてすぐのA&Wへ。ルートビアという炭酸を飲んでみたかった。バーガーはゴーヤとかあるかと思いきや普通。ルートビアは湿布の味がした。しょっちゅうはいいけど、たまに飲みたくなりそうな味。

Sbsh1122 オットのプレーンポテトと私のカールしたポテト。カールの方は味付きだが、何の味かよくわからぬまま。普通のやつの方がよかった。

Sbsh1123 まだ一島行けそうだったので小浜島も行ってみた。しかし、天気が最悪になったのでほとんどいい写真は撮れておりませんと予め言っておきます。竹富島さえ行けたらよかったので別にいいんだけれど、と負け惜しみ。小浜島はさすがに徒歩は不可能そうなので自転車にした。かなりボロボロな自転車で結構なレンタル代に若干引きつつも、島の人の生計がかかってるしぎりぎりの生活かもやし一概にボッタクリとも言えん部分もあるかと気を取り直してゴー。坂道がきつい。

Sbsh1124 牧場や畑が延々と続く。

Sbsh1127 一番北の浜辺に向かう途中で台風直撃かくらいの暴風雨が吹き荒れ、一時使われてないホテルで雨宿りし様子を見たが、変わらず。このままだと引き返すことすら危ういてことで急いで引き返す。帰りはゆっくりするために最終便に乗る予定だったが一本早めてさっさと帰る。他の名所は興味が無いけど、西表島が見えるという海人公園はちょっと行ってみたかったかな。晴れの時の景色もだいたい想像がつくのでもう一回行きたいってほどではないかな。他に行ってみたい島も特にないので離島旅はこれにて完。台風の時は極力避けねばならんし、遭遇してしまったにしても慎重に行動せんとなと思った。離島だと交通費や時間もろもろ無駄になるし。よっぽど行きたい島とかでもない限り怪しい天気の中で行くのも微妙だ。最悪船が出ないこともありうる。そういった意味でいい反省材料になったと思う。

Sbsh1129 石垣島に戻り、近くのお土産屋でシュシュと絵葉書を買う。紅型好き。それと拾った星砂。

Sbsh1130コンビニで沖縄なアイス発見。甘さで疲れを癒します。まだ17時とかなのに石垣港のおみやげ屋はもう閉まってるとこも。

Sbsh1131休憩してからホテルの近所の【さつき】で晩御飯。私は豆腐ちゃんぷるー定食。御飯も山盛りやしすごいボリューミー。沖縄の豆腐大好き。豆腐料理にはずれなし。

Sbsh1132_2オットのふーちゃんぷるー定食。予報では最終日の方が天気が回復するようだったので、その日を車にして明日はチャリで行けるとこまで行ってみようの会になった。

今回の美写真版はこちらから→ 竹富島(旅写真な日々)

石垣島 玉取崎展望台

Sbsh1036 お次は一周最後の主な景勝地、玉取崎へ。昼過ぎのこのあたりから小雨が暴風雨に変わり、車内で待機してみたものの時間も勿体無いので、思い切って外に出て行けるとこまで行ってみたが、展望台までの途中で断念。写真で撮れたのはこれくらいで、悔しいので5日目にリトライしたのが以下の写真。

Sbsh1226

Sbsh1228

Sbsh1231

Sbsh1238

Sbsh1239

Sbsh1241

Sbsh1248 もう一回行った甲斐があった。

Sbsh1042 そしてまた話は2日目に戻りまして、遅めの昼食タイム。到着日にマエサトビーチまで歩く途中で見つけた回転寿司屋が気になってて、調べたら現地の人は寿司を居酒屋で食べるので寿司屋までわざわざ行かず、出来てはつぶれを繰り返しているらしい。ならばなおさら今あるうちに行っておかねばと思い【鮨人(すしんちゅ)】へ。沖縄の魚をってことで、写真左からマンボウ、シャコ貝、赤マチ。マンボウは最初あっさりと見せかけて後から脂が押し寄せてくる。ふぐの仲間だからふぐっぽいかと思いきやそうでもない。シャコ貝はコリコリした食感の中に磯の香りが残る。赤マチは見た目の通りハマチっぽい味だったと思う。

Sbsh1043上がミーバイ、下が島カツオ。ミーバイはあっさり白身魚。島カツオは今までに食べたことのない旨さ。なんでこんなに違うんだろう。

Sbsh1044

締めは島魚天ぷら盛り合わせと揚げ出しジーマーミ豆腐。天ぷらは赤マチとかだったかな。あとヘチマっぽいやつ。揚げだし豆腐は食感はジーマーミだったけど、味が分かりづらいのでそのままの方がいいかな。冷めてくると味がする。とりあえず晩御飯まで時間がないので1人分ではなく2人でこれだけ。軽めにしておいた。島~と付く魚は特に美味しいのかもしれないので次回から要チェックだ。石垣島一周も済んで、天気が回復せず時間も中途半端なので、レンタカーを返す時間までスーパーやお土産屋めぐり。それに関しては後で。

Sbsh1045 晩御飯はホテルから徒歩で【すし太郎】へ。写真は海鮮サラダ(マグロや赤マチ?等の島の魚がたっぷり)とマグロともやしの炒め物。オレンジのがmyパッションジュースで横がシークヮーサー酎ハイ。

Sbsh1046 そしてこの店へ来た目的、アバサー(ハリセンボン)の唐揚げに挑戦。小骨が沢山あるので唐揚げか吸い物くらいしか出来ないらしい。白身がモチモチしてておいしい。さすがふぐ。ハリセンボンを飼っていながら食うとはどういう神経してんだって感じですが、それとこれとは別腹です(?)。アクアショップにいればペットとして見てるし、市場に捌かれたのがいたら食品として見てる。いくらふぐちゃんが将来美味しそうなプリプリ体型に成長しても食べたいとは思わない。しかしながら同じ生物を食べてみたり可愛がってみたり人間て複雑な精神構造だ。もしその生物に知性があれば、どういう目で見られるだろう。話が変な方向へ行きましたが、お店の人に沖縄の魚や色々なことについて話が聞けて楽しかった。私は運転してないので、本来は疲れていないはずだが、時折強風と雨が降る中歩き回って思ったより堪えたようで晩御飯も2人で3品でお腹いっぱいになった。

Sbsh1047 ホテルに帰って今日のお土産撮影タイム。お茶系はマックスバリュやサンエー(ローカルなスーパー)、タンカンジュースはJAおきなわで。これらは旅中に飲む用。シークヮーサー飴と黒糖がマックスバリュ。黒糖に関しては市場の方が安かった。塩せんべいは石垣島ショッピングプラザで。ジーマーミ豆腐はサンエー。お味についてですが、うっちん茶は漢方薬を飲んでるみたいで体にはいいんやろうけど、まずい。グァバ茶はちょっと癖があるけど飲めんことはない。タンカンジュースはゆずっぽいみかん。やんばる緑茶は普通の緑茶。あとさんぴん花茶。塩せんべいは塩味のサクサクのふ菓子って感じですごくおいしい。こんな味と知ってたらもっと買ったのにな一品。他の食品は本島のとき買っておいしかったやつ。黒糖はまだ食べてないので不明。明日はついに離島へ。

今回の美写真版はこちらから→ 玉取崎(石垣島)(旅写真な日々)

その他のカテゴリー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

タンクメイト

  • ・・・海水水槽・・・90*45*45
    アザミハナガタサンゴ(10/02/06)
    カクレクマノミ(16/04/23)
    デバスズメ×2(16/05/14)
    ナンヨウハギ(16/08/25)
    オトメハゼ×2(17/03/18)
    キンギョハナダイ(17/05/05)
    ・・・バイコム30キューブ・・・
    クサビライシ(10/03/20)
    ゴマハギ(12/02/04)
    ミスジスズメ(15/08/11)

サイト内検索

無料ブログはココログ