« おもち状態 | トップページ | 海中の桜 »

日銀&大証

100519_134609 本日は日本銀行 大阪支店へ。やはり紙幣を扱うだけあって他の見学に比べて申し込みもややこしい。まず電話予約→手紙が来るので記入してすぐに返送→予約日前日に電話で最終確認されてようやく予約完了。当日も時間厳守はさることながら送られてきた手紙(案内用紙の方)の提出&身分証の提示が求められる。当日の人数変更等は許されず、金属ゲートを通って見学証提げて見学出発。まず、広大な窓口を案内される。窓口によって政府向け・銀行向け・現金関係と担当が分かれていた。お札が焼失・破損した場合、残った面積によっては全額とか半額で引き換え可能な場合もあると知った。

その後、創立より前からある古木、明治時代に造られた洋館風の部屋(日本銀行の中央のドームの部分。天井に日銀のマークがある)、柱無しでアーチで支える階段等日本銀行の歴史的建造部分を見た。次に展示物ゾーンで、偽造防止のマイクロ文字やホログラム等の技術の紹介(ブラックライトでオレンジに光る部分を見れたり)、一億円の重さを体験できたり、日銀の仕事や紙幣についての展示を見た。貨幣の仕分け機の見本や、貨幣を入れる麻袋等、造幣局と関連した展示もあった。最後に全体の補足説明があり、1時間ほどで見学終了。

市役所が隣りにあるので昼休みの混んでくる前にランチを食べ、地下から徒歩で北浜へ。ついでに大阪証券取引所も見る。4階で見学証を貰い、展示物を見て5階で大証マレットを見た。思ったよりこぢんまりとしてて一瞬で見終わってしまった。係員の人も来た人皆がっかりして帰りはるんですよとのこと。これだけ見に行くのではなく何かのついでにぐらいがいいかも。帰りは北浜から梅田まで徒歩で戻る。今回の見学は二箇所ともオットの希望。これで工場(施設)見学シリーズは一通り行きたいとこは行ったので一旦完結。あとはちと遠かったり団体しか無理だったりで。あと、このブログ始めるより以前にインスタントラーメン発明記念館とグリコピア神戸は行った。2か所とも一見の価値あり。

100519_134723パンフとか。中央は裁断後の紙幣。2~4年毎に紙幣は取り替えられる。

« おもち状態 | トップページ | 海中の桜 »

工場見学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514236/48400261

この記事へのトラックバック一覧です: 日銀&大証:

« おもち状態 | トップページ | 海中の桜 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

タンクメイト

  • ・・・海水水槽・・・90*45*45
    アザミハナガタサンゴ(10/02/06)
    カクレクマノミ(16/04/23)
    デバスズメ×2(16/05/14)
    ナンヨウハギ(16/08/25)
    オトメハゼ×2(17/03/18)
    キンギョハナダイ(17/05/05)
    ・・・バイコム30キューブ・・・
    クサビライシ(10/03/20)
    ゴマハギ(12/02/04)
    ミスジスズメ(15/08/11)

サイト内検索

無料ブログはココログ