« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

パセオフェア

Vfsh0045_2 前回の雑貨記事で書いたお出かけとはパセオフェアのことです。昨日の27日、昼間は混んでるやろうってことで夕方に松原店へ。それでもすごい人・・というか駐車待ちの車の列が凄かった。電車で行ってよかたと思った瞬間であった。電車やと駅から徒歩でちと距離ありますが今日行こうという方は公共交通機関で行くことをお勧めします。2階では色んなメーカーのブースが所狭しと並んでおり、気になってたマメデザインで色々と話を聞いた。ここのメーカーは私好みの可愛いデザインなのである。マメオバフに心惹かれたが、外部濾過からOFにするのはマメオバフが簡単に取付け可能といえども色々と準備は必要なわけで。それには先立つものが必要なわけで。しかしそれは今日のセールで飛んで行ったわけで・・・。まだ先の話になりそうである。

2階でも機材とか安かったみたいだが1階のセール会場では他店セールでも見たことない値段の者たちがずらり。さすがに目玉商品は破格すぎるので完売だったが、それ以外も相当魅力的な値段。それであれもこれも欲しくなり、予定してたのと関係ない者たちも自宅水槽にお招きすることになった。優先順位が低いやつは諦めようと話し合った結果、結局甲乙つけがたいってことで。それにこんな機会は滅多にないし。で、気付けば2時間ほど経ってた。連れ帰った者たちについては様子を見て一週間後にまた詳細を書きます。2階メーカーブースではコーラルフィッシュの編集長を発見。話中だったので影からこっそり見ただけ。

写真はメーカーブースで貰ったカレンダー。不況で配られることもなくなった昨今、なんと太っ腹なエムピージェーさん。表紙のニモのアップが可愛かったので下の部分だけ切り取ってみた。そすると2枚目の写真が下にはみ出たので切り取った紙を裏返して貼りつけた。そして寝室に飾ったの図。おはようからおやすみまでニモとともに。昼は天王寺のエビ天丼専門店でエビ天丼(お手頃で美味)を食べたので見るのも飼うのも食べるのも魚づくしな一日がここに。

ガラスポット&パンダ

Vfsh0045_2 本日はお出かけ先の通り道にあったダイソー近鉄の河内松原駅店でてんとう虫とクローバー柄のガラスポットとパンダマグネットを購入。どっちかというと小型店だったので期待してなかったけど思わぬ収穫で嬉しい。ガラスポットはまさに探してた柄で、これまで12店舗見てきてやっと発見した。パン粉でも入れよかな。パンダマグネットは見たことあったが、同じシリーズのあひるを選んでた。しかし今日改めて見て可愛さに気付き連れ帰った。

タコアシ

Vfsh0046 2月20日にコエダナガレハナサンゴを追加。ハナサンゴ似だが先が蛍光黄緑。ハナがあまり水流にそよがないのに対してコエダはポリプ1本1本生きているかのようにゆらぐ。私はOF水槽に居るようなぺたっとしたんが好きだが、オットはこういうゆらぎ系が好きらしい。これも口がはっきりしないので餌はやらなくていいが、ぺたっと系に餌をやるのも楽しい。

それと海水では日中は常に岩場隠れな控えめキャメルが初めてクリルを食べるのを確認。スカンクもクリル大好きで走り寄ってきてジャンピングキャッチ。コブさんにやったときも匂いで気付くのかミニ水槽付近に駆け寄ってきて探しまわる。そんなとこがかわい。対照的な2匹。

2匹居たマガキは亡くなり、クモガイも・・。貝にとってよくない何かが出てたんかなぁ・・。他は何ともない。マガキの死で出た毒が他マガキやクモガイにも移っていったんやろうか。気付いたらすぐに出した。シッタカとかは無事。

Vfsh0047 OF水槽のハート海藻の葉っぱに切れ目が出来て2つのハートになってた。ステキ。

Vfsh0045 くじらにっこり。

カラフルストーン

Vfsh0046 本日はダイソーでカラフルストーンを購入。

Vfsh0049エアープランツに飾ってみた。固定できたしいい感じ。

Vfsh0048細かいカットが光に反射。思ったより軽い。 

浮き玉

Vfsh0044 本日はダイソーでガラスの浮き玉を発見。写真のくじらの他にかめ、小鳥、アザラシ、かえる、テントウ虫と葉っぱ、タコ等が居ました。

ナチュラルキッチン  入れ物系

Vfsh0043 本日の収穫品はナチュラルキッチンでエアープランツとそれ用のガラス容器、新製品らしいガラスの調味料入れの計3点。エアープランツは前からやってみたくて、調べてみたら簡単に飼育できそうなので可愛い容器があれば買おうと思っていた。そしたらミニチュアの木カゴやら洋ナシ型のワイヤーカゴやらツボな商品盛り沢山で散々迷った結果、写真のガラス製でシンプルな丸型にした。これだけでも十分飼える植物らしいが、ちとアレンジしたいのでこういう容器にしたのである。また出来たら載せたい。これでこの前セリアで買った霧吹きが有効活用できそう。調味料入れは砂糖・塩・氷砂糖入れは前に載せたキャンドゥので間に合ってるので、片栗粉入れを探してた。砂糖や塩と違って滅多に使わないのでいいのがあればかな~程度だったが、今日発見して一目惚れ。波打ったようなフォルムが良い。写真はメタハラの光で撮ってみました。

レイアウト変更

Vfsh0035_3 今日は昼から出掛けたので、午前中はオットが海水レイアウトを変えてた。左端にライブロックをまとめてトンネルを作成。最初、キャメルが隠れてたが、晩に帰ってみるとヘラルドが棲み処にしたかのごとく。それが写真。現在は外に出ているのでまたキャメルがお気に入り場所にしている。スカンクも付近におり、エビ好みの場所が出来上がった。

Vfsh0036_2カクレも興味津々?

Vfsh0031_5オオバナお食事中の図。口をすぼめて飲み込み中。

Vfsh0030_10 コハナガタお食事中。同じく口すぼめ中。

Vfsh0029_7 アザミハナガタお食事中。これも同じく。朝顔っぽい。

Vfsh0032_4 バブル。こちらはお食事中ではないですが閉じてます。口が見えない姿の方がバブルコーラルっぽい。 

神戸100均巡り

Vfsh0037_2 本日は神戸まで出てみた。梅田らへんはほとんど無いが三宮・元町辺りで調べると同じ店も含めて計10店舗もあった。見落としもあるかもやが歩いて行ける範囲にこんなにあるとは。都会すげーと思った次第。で、うち1店舗は改装中だったので9店舗めぐった。

まずは三宮。ミント神戸東隣のサンシティにあるル・プリュ。ここはキャンドゥ系列なのでキャンドゥっぽい商品。ここでフロ釜クリーン一つ穴用を購入。

次にそごうの南向かい、神戸国際会館B1Fにあるナチュラルキッチン&へ。ここはナチュラルキッチンと同じ商品に加えて300円とか500円とかの高額商品もある店。キッチンキッチンもそんな感じで、リビング雑貨が多いイメージ。これでナチュラルキッチン系列の店も一通り行ったので満足。個人的にはナチュラルキッチンで十分かな。ナチュキチ関係は小さめの店内でいつ見ても人がいっぱいなので商品を見るだけで精いっぱいな感じである。今回は欲しいのがなかったので見るだけに。

お次はナチュキチ&から西へ。せいでんの隣の隣、三宮ビブレにあるバナバナ。アジアンキッチン雑貨なお店。しかしこれいい!と思ったら高額商品だったりするので要注意。100円だったら確実に買ってただろうが、高額商品だとやっぱ悩む。100円でいいものがどんどん出てくる昨今、似たようなのが100円でまた出てくるのでは・・と期待してしまう面もある。タオル地グッズ好きなので見送ったが、動物の可愛い置物があった。

三宮編最後は、バナバナから更に2ブロック西へ。グレース神戸の中にあるダイソー。ここは関西最大級の半分くらいの規模だが、2階分あったので面積で言うたら一緒ぐらいであろうか。なので期待も高まる。そこで買ったのが写真のあひるマグネット。この子は手足にマグネットが付いており、写真のように机の脚等に巻きつけてひっつけることが出来ます。あひる顔マグネットともあひる指人形とも違う顔つき。2匹居た中で写真の子を選んで連れ帰る。大きいあひるパペットもあったが目が他のあひるグッズと違ってて好みじゃないんよなぁ・・。マグネット版の顔で作ってくれたら買う。

お次はハーバーランドまで徒歩。途中、元町商店街のmeetsを見る。個人的にはシルクの方が好き。で、ハーバーランドでは今回の目玉、モザイク裏のHaReの2F、セリア大型店へ。そこで植物用に写真の霧吹きを買う。後で拡大写真を載せるが、この柄のは普通のセリアにはなかったもの。しかし、今回期待が大き過ぎたのか、普通の店舗と比べて違う商品をそんなに見ることもなく、広いので余裕のある商品陳列になったという印象。個人的には通常の店舗で十分かなぁと思った。霧吹きは試したら霧状で出た。

次がHaRe内イズミヤB1F、またもmeets。ここで根菜用の野菜保存袋(不織布)を購入。次に向かいの神戸阪急のキャンドゥへ。ここは見ただけ。

んで100均の最後はHaRe西へ渡ったファミリオ内4F、ダイソーへ。ここは三宮の店に比べて半分ほど。なのであまり期待はしてなかったが、写真のピンクのバラのジュエリーボックスを発見!残り1個だった。やっぱ何もないか~と帰ろうとした出口らへんで発見。まさに運命的(と思い込む)。これまで主にチャリでジュエリーボックスのある100均である数々のダイソーとキャンドゥを巡ったとき探してきたがピンクのバラは初めて見た超レアな一品。他にも幻のカラーバリエがあるのではと期待してしまう。これだから100均めぐりはやめられない(もう新たに行くとこなくなってきたが)。何故かここはカードが使える。

実はもう1店舗行く予定だったが、改装中の為断念。ここまで無理やりオットに100均めぐりに付き合わせてきた感があった。オットも最初は快く次はどこじゃ?と道案内係をしてくれていたが8店目、9店目になってくるといい加減うんざり感が漂い始め、まだ行くのか・・と心底嫌そうに言いだすようになった。これで最後やってとオットを励まし(?)今回の神戸の最後にオットの目的地であるハーバーランドのコーナンへ。ペットコーナーで、海水魚とか珊瑚とかを見る。そしてまた三宮まで徒歩で戻り帰路へ。久しぶりによく歩いた。昼は王将で、夜はドトールで軽めに食べた。

Vfsh0038バラのジュエリーボックス拡大編。

Vfsh0039_2 

これまでのコレクションを並べてみた。

Vfsh0042 ピンクの使い道があった。昔、ダイソーで買った指輪があったことを思い出したのでそれを飾る。買ったはいいものの派手過ぎて普段は使えんな・・と思ってたので有効利用(?)出来てよかった。左が婚約指輪(好きなムーンストーン)と右が写真用に飾ってみた結婚指輪(写ってないけどちっこいダイヤが並んでます)。写真写りは100円指輪が一番いいのであった。

Vfsh0041 霧吹き。てんとう虫がいい。またナチュラルキッチンで植物とか買おうかなぁ。水やりが楽しくなりそうな一品。

Vfsh0034キャナルガーデン。下で光ってるのはかぼちゃの馬車。

Vfsh0033 雨の滴風。

111211_221243おまけ写真。三宮へ行ったときによく行く店と、上のバナナのだけ大阪で、深江橋にあるバナナミュージアムというお店の。バナナに関する食品やグッズが盛りだくさんのバナナ好きにはたまらないお店。外観も可愛い。

幸運のしるし

Vfsh0030_9 オオバナ・コハナガタ・アザミハナガタの暮らす上部OF水槽にハート型の海藻が生えてた。

スカンクのお気に入りポジション

Vfsh0030_8 前に書いたスカンクのお気に入りポジション。それが写真。ウミキノコはポリプをひっこめた状態。スカンクが退くとポリプを伸ばし、その状態のウミキノコにはスカンクもさすがに乗らない、というか乗れない。斜めに傾いてるし、乗りにくそうなのに謎なスカンクさん。

淡水ではオトシンを金魚OF水槽から淡水水槽へ移動。これで金魚OFは金魚オンリーとなった。縦長水槽を巨体を揺らしながら泳ぐ姿は迫力がある。時に置物のように止まる。

チャリ100均最後の店

Vfsh0031_9 本日はダイソーで新書サイズの布ブックカバーを発見。写真は以前買った文庫本サイズのとサイズ比べ。縦にちょっと長くしおりなし。新書サイズの本とはあまり出会わないが、漫画が入るのでたまに役立ちそうである。漫画だと書店で貰う紙ブックカバーもいいけど、ずれたり外れたりしやすいので個人的にはこっちのがいい。残1点だったのも後押しした。欲しかったのはこれで横幅ももうちょいある参考書サイズ(教科書サイズでもいい)ぐらいのやつ。それならハードカバーもだいたいは入るだろうってことで。無理なら無理で何か書類のカバーに使えばいいし。

しかし文庫本サイズでも布のはあんまり置いてないことが多く、他サイズだとまずない。今日のとこも合わせてこれまでチャリンコで市内市外合わせて9か所を巡った。あと大阪1か所。これだけ行って前にも書いたレアなぬいぐるみ系グッズには出会えたが、布ブックカバー大は皆無。下関で見たきりである。あと都会に出てみてなかったら諦めるしかなさそうである。ここよりもっと田舎の方しかないのであれば旅行の時に近くにあれば寄るぐらいかな。恐らく人気過ぎて無いのではなく、誰も買わないから仕入れない状態なのかもなぁ・・。取り寄せたいのは山々だが、HPにはそういうの無理っぽく書いてあるし、出来たとしても100円以上のコストがかかるだろうし、売れる物ならまだしも・・・である。

今日行った店は規模がそんなでもないし近くに寄ったときでいっかと思っていた。だがもしかしたらミラクルであるかもしれんしチャリで行ける範囲は一通り行っとくことにした。ミラクルってほどでもないけど、新書サイズに出会えたのでよしとしよう。他に可愛い系雑貨は目ぼしいのがなく、日本製の麺トングと麺棒を買った。

ばれんたいん

Vfsh0030 バレンタインということで、オットに菓子を作ってみた。パウンドケーキ。チョコと関係なし。ザッハトルテとかはお互いヘヴィー過ぎて苦手なので作るといったらこういうあっさり系になる。去年秋はクッキングシートを敷いて焼いたが、それだとシートにへばりついて食べにくいので、今回はバター塗りでやったらうまくいった。型から出さずにそのまま食べるのが我が家流です。因みにパウンドケーキミックスでお手軽に作ってみた。菓子をそんなに作らない人には使い切れるので便利だす。去年秋のパウンド記事はこちら→秋の味覚

本日はニトリにオット用の座イスを買いに行った。我が家の和室はリビングにおまけ程度に存在している小部屋なのでスクエア型の炬燵を置いたらそれでいっぱいになってる。で、私が座る側は壁寄りなのでもたれられるが、オット側は壁まで距離があり、寄りかかれないのはしんどいと漏らしていた。ならば座イスってことで安くてシンプルで部屋に合うやつを調達してきた。黄緑の布製カバーを付けても2600円。しかも14段階リクライニング。

100均お役立ちグッズ感想

Vfsh0039 なぜか暗がりでぬいぐるみたちを撮影。今回の記事は以前紹介した100均お役立ちグッズ記事の使用後の感想を述べたいとおもふ。因みにその記事はこちら→100均お役立ちグッズ

マルチオープナー・・・厄介だった缶開けが軽い力で出来て便利。他にも瓶開けとかドアストッパー(ストッパーとして試したら使えた)としても使えるが、缶開けのためだけでも買った価値があった。缶開けのみのとかもあった気がする(瓶開けだったかも)が、どうせならひとつで色々出来た方がいい。

スポンジ石鹸台・・・ぬめらない。水はけもいいので常に石鹸は乾いた状態。たまに水洗いすれば常に清潔。

米が研げるしゃもじ・・・便利だがいいのかどうかは不明。だが、味は手でやってたときと変わらないので今後もこれでいく予定。しっかり研ぎたいタイプなので、しゃもじで炊飯器に米を押さえつけながら上下左右(方向は何でもいい)に動かすと穴の間を米が通過し、水も濁るので研げてる感じがする。日本製。

手玉とり・・・100円で売ってることにびびった。まぁまぁ毛玉取れた。念のためいい服はやめた方が無難。時々動かなくなり、電池部分を押さえると動きだしたりする。品質的には100円だしまぁこんなもんかという感じ。

レンジカバー・・・ラップを使わなくて済むので、節約やごみ削減になる。食洗器不可だが洗うのも簡単。日本製。

他のお掃除グッズは普通のやつなので省略。続いてはこの記事→チャリ旅100均めぐり

レンジでおもち・・・500Wで30秒チンするだけでおもちが出来た。オーブンで10分くらいかけてやってたのが嘘のようだ。これからは鍋とか何かの料理にもちを足したいってときも気楽にすぐ追加出来そう。他にもレンジでパスタやら温野菜やら色んなシリーズが出てる。パン粉作り機能はまだ試してない。最初、1000Wで1分試しにやってみたら餅が吹っ飛んだ。で、せんべいのようなぱさぱさした食感に・・。どうやら焼き過ぎらしい。説明書きに忠実にやるべきであった。日本製。

そのまんまポンプ・・・嵩があるのでちょっと重いのが難点ではあるが、簡単に詰め替え出来て容器も汚さないという点は衛生的で良い。あとは最後まできっちり使いきれるのかどうかだな~。

りんごマグネットとあひるマグネット・・・飾りマグネットは吸着力が弱いイメージだが、意外としっかりくっつく。

他に以前セリアで買ったLED角型台は充電しながらまだちゃんと使えてます。ゆきだるま型や球型のはすぐ赤しか点かなくなり、豆電池を買うのももったいないのでもう使ってません。これは失敗だったと言える。あとセリアで買ったもこもこ靴下はまだ解れることなく、ダイコクで買ったりんごの靴下も思ったより丈夫。ただ、100均に限らないかもだがレース系の靴下はすぐ穴が開くのでもう買わないことにした。キャンドゥはキャニスター等キッチン系で可愛いのが多く、熱を加えるとかでもなくただ固形物を入れるだけなのでどこ産でもいっかと思って愛用中。こうして見ると概ね買って正解かな。

サンゴと海藻追加

Vfsh0030_7 2月6日にウミキノコを追加。バブルの奥でポリプを開いてるのがそうである。閉じた状態もまた載せようと思うが、まんまきのこって感じ。最初数日は緊張の為かまんまきのこ状態が続き、恐る恐るポリプ伸ばし始め、先端の花の部分もゆっくりと開いていった。今では日中と点灯中はずっとこの姿が見れる。曇りの日でもしっかり開いている。

ただ、スカンクシュリンプが何故かウミキノコ上をお気に入りポジションにしており、ちょこんと乗って毛繕いならぬ髭繕いをしてらっしゃる。そのときだけはさすがにまんまきのこ状態に戻ってしまう。日中なのにそうなってるときはだいたいスカンクが乗ったからで、またしばらくしたら開き出すからいいのだが、また椅子代わりにしおって・・と思ってた。記念に乗ってるとこも撮っとこうとした途端全く乗らなくなった。

Vfsh0031_4近接。ポリプのひとつひとつが花開く。こうなるときのこ時代の面影はない。

Vfsh0033_3 もう一匹。アザミハナガタ。左奥にいるコハナガタと同じ種類らしいが見た目は右奥のオオバナの方に近い。光が青すぎて色がわかりづらいが、淡い紫に淡い水色の粒粒模様で繊細な感じで美しい。これは夜中に触手を出す。が、コハナガタ(これも触手出す)と違い体は特に縮まない。アザミンはヤッコが若干突いたのでOF水槽に移動して飼育。右奥のオオバナは前からOFに移動さしてたやつで、コハナガタはメインだと小さすぎてひっくり返りやすいってことで移動した。ヤッコに齧られたからではない。こうしてOFは肉厚サンゴトリオとなった。

Vfsh0034_3

写真はライトアップ直後に触手伸ばしてた姿を急いで撮ったもの。光が点くとすぐひっこめるのである。

Vfsh0035_2

閉じてってるとこ。かわゆい。

Vfsh0038閉じてもた。いつも見る姿に。あとは餌やり時にお上品にちょっと出す程度。

Vfsh0029_6しかしなぜOF水槽の面々があんなに青いのか。その正体は写真左上をご覧ください。12日に真っ青なLEDを付けてみたのです。家計に優しいとはいえ、予想を超えた青だったがまぁいいや。

サンゴを飼ってたらすぐわかる話ですが、口があるやつは餌を食べるということがわかった。我が水槽ではバブル、コハナ、オオバナ、アザミである。共肉を伸縮させて粒餌を体内に沈めて取り込んでゆく姿は植物のようで動物なのだなと思わせる。

Vfsh0037そして本日13日は新たに行ったお店でウミブドウをげと。ネットで調べてはみたものの、謎多き存在。光は強すぎず栄養塩が多いと育つとかなんとか。殖え過ぎて大迷惑してるって記事が多かったような。簡単そうな感じで書いてあったが果たしてどうだろうか。溶けるよりは殖えた方がいいな。写真はメイン水槽。メタハラがギリ直接当たらないところに配置。いくらみたいな粒粒が可愛い。

Vfsh0036 結構量があったのでOF水槽にも入れた。LEDが直に当たらない位置。最近魚よりサンゴとか海藻に目が行く。

日常の風景

Vfsh0029_10 よじ登る3匹に対して戸惑いを隠せない2匹。

Vfsh0030_8水槽鑑賞する5匹。

スイーツワッペン

Vfsh0031 今日は買い物ついでに寄ったダイソーでケーキのワッペンだけ購入。小さいのが連なったタイプもあるが、単独のやつはいつ見ても売り切れ。それでいつか欲しいなと思ってた一品。やっぱりかわいい。しばらくは使い道がないのでしおり代わりにでもすっかな。

和室で和む者たち

Vfsh0032_5こんな感じで飾ってます。あひる妹にひこにゃんに付けてたフェルトの花をくっつけてみた。

チャリ旅100均めぐり 最終章

Vfsh0037 前回の雑貨記事に春になってから行くとは書いたものの、結局100均雑貨への情熱が抑えきれずに行ってしもうた。ダイソー、関西最大級の店舗、つかしんへ。ゲットしてきたのは犬、あひる、うさぎの指人形。ラメ入りシュシュ。蝶のヘアクリップ、デニムのブックカバー、ワッペン2種、レンジカバー大。以上9点。いずれも100円商品。クレジットカードが使えるのもいい。

レンジカバー大は写真で指人形さんたちが入ってるやつ。平らなやつは以前買ったが、それだと大皿に沢山盛ってるときは使いにくいので高さに余裕があってもっとでっかいのが欲しかった。これは大きさは平らな大小2枚入りの大と比べて一回り大きい程度だが深さがあるので決めた。蒸気用の穴あり。日本製。コップに蓋できるやつもあったが中国製だったのでやめた。食に関する物はもっと日本製が浸透してほしいところ。

レンジカバーの下に敷いてるのがデニムのブックカバー。しおり付き。これでコレクション7点目。

Vfsh0034_2ワッペン2種。今まで4個入りといえばリンゴとか簡単な作りのやつだとばかり思ってたらこんな凝ったデザインでもあったとは。今のとこ使い道はない。来年のひこにゃん年賀状フレームを飾る用にしようかな。広いと他の店舗で見たことないデザインがあって楽しい。

Vfsh0036 指人形3種。真ん中のあひるがお気に入り。ダイソーのサイトで見たときから実はずっと欲しくて探していた。大きめの店舗ならうざぎやねずみは居たが、ここまで来てようやく出会えたという感じ。うさぎと初めて見た犬も可愛かったので連れ帰る。

Vfsh0035 うさぎちゃんの耳元を拡大。ヘアクリップ。蝶の部分のみならず、ここから見えないクリップの部分にも細かい模様があって100円には見えないとこが気に入った。うさぎ耳に付けると型が付くのですぐ外した。

Vfsh0031_7ヘアクリップはあひる兄用に買ったものである。弟は直毛だが、兄はくせっ毛なのでこれでまっすぐに作戦。そして自分用にも使えるように可愛すぎるリボンとかにも惹かれたけどやめた。弟にも付けてみたが兄の方が似合う。いや姉というべきか。一気に女の子化した。かわゆす

Vfsh0032_4

シュシュで遊んでみた。エリマキトカゲ風味。実はこれ、ダイソーのサイトでシュシュを被ってる姿を見て、あひるを発見できた暁には是非やってみたいと思って、真似してやってしまいました。ごめんなさい。もうしません。この写真のテーマは似非爬虫類と両性類との奇跡の(?)コラボです。ぬいぐるみ関係は学生時代に作ったことがあるので難しさはわかるつもり。だから100円で売ってるってことに感銘を受ける。これ1個(匹?)作るのにどれほど時間がかかったろうとか。その中でもこのかえるの携帯ホルダーは群を抜いて完成度が高い。ほんとに100円でいいの?と言いたくなるほど。

Vfsh0033_4さて今回の収穫品の紹介が済んだところで。写真は今までの。こうやって飾ってます。それぞれ携帯ホルダーやストラップ、マグネットという実用性を兼ね備えた奴らのはずなのだが、愚かな飼い主のせいでそのように使われる気配はない。ワッフルのストラップのみセリアで、あとはダイソー。

Vfsh0029_9 いたずらっ子。

Vfsh0030_7 最後に、ダイソー仲間の集合写真。全部100円やけど、苦労して集めた子たちなので私にとってはプライスレス。

今回のチャリ旅について。前までは結構遠回りして行ってたので、今回は最短ルートを発見して行ってみた。食べ過ぎるとチャリ漕げないので軽く食べ、水分補給に茶を持参、防寒対策もしっかりしつつ、暗記はしたが万が一を考えて行き方書いたメモを持ちいざゆかん。かなりの方向音痴なので地図を拡大して見た後、ストリートビューでシュミレーションもして万全の態勢で臨んだ。今週(というか来週も?)は今日を逃すと雨続きというのも後押しした。しかし、家を出た直後に小雨がぱらつき出して焦る。念のため傘はあったが、願いが通じたのかすぐに止んだ。行きの時はどのくらい距離があるかが分らないので体力を温存しながらゆっくり行った。

何せ広いので必要なコーナーだけ見て後はさくさくっと行くつもりが気付いたら3時間近く経ってた。欲しかったぬいぐるみ系はこれで揃ったが、あとひとつだけ見つかってないもの、それは布ブックカバー大である。まだブックカバーかって感じだが、文庫本サイズではなく、ハードカバーにも使えるような大きいのを布製で探している。ハードカバーはサイズがまちまちなので合うかはわからんけど、下関の店舗で何種類か見たのであったら一通り買うつもり。あの時は大きいのがあるとは思わずサイズが不明だったので見送ったが、地元店舗を巡ってもビニール製のん以外一向に出会えないので超レアだったと悟った。買っておけばと悔やまれる。今回の1000坪超え店舗にもないってことはもう無理なんかもな・・とは思う。しかしまだ今日のとこより小さいが、都会のもいずれ行く予定なので一縷の望みを託し中。2000坪とかいったらあるかもやがさすがに東京までは遠過ぎる。八景島旅行の際に行っておけばよかったのだが、あのときはそんなにはまってなかったのである。関東の人が羨ましい。

たらこチャーハン

Vfsh0029_2 たらこ料理シリーズ第4弾。なんてことはないチャーハン。我が家のは野菜を色々と。みじん切りって面倒臭いですが、フードプロセッサーでスライス切りしてから刻むと理想的な仕上がりになると気付いた。みじん切りの刃でやると砕かれ過ぎてべちゃっとなりやすく、それを避ける為に短時間でやめるとまばらなサイズになって手動の方がましな結果になったりする。スライスしとくと後から切りやすく手間というほどでもない。味付けはたらこだけで結構味が付くので醤油と胡椒だけでシンプルに。普段のチャーハンは元でやることが多い。鶏がらをあまり使わないので余らさずに済ますには丁度いい。

(訳あり わけあり バラ)明太子 たっぷり1キロ

(訳あり わけあり バラ)明太子 たっぷり1キロ

オオバナサンゴ追加

Vfsh0032_3 連続更新2度目は先月30日に追加したオオバナサンゴについて。平らで肉厚なタイプが好みなのでオオバナも色や形がよければツボ。もうちょっと口の形がはっきりしてない方が好みなのだが、色が綺麗なので決めた。メインに入れてからオットと出掛ける用があり、帰ったらヤッコに突かれていた為、急遽OF水槽へ移した。迂闊だった・・。今までのサンゴを食べられなかったから油断していた。

最初のコハナガタを入れた時は可能性があったので注意深く見ていたが何事もなかった。しかしやっぱり種類によっても個体によっても違うわけで今後もメインでのサンゴ飼育は慎重にせねば。オオバナは最初体の一部が齧られており痛々しい姿だったが、移動してからは一日足らずで回復。最低でも1週間はかかると見込んでいたから驚異の治癒能力である。粒餌をやるともにゅっと中央の口をひっこめていつのまにか取り込む。上は本日の写真だが齧られた跡は見受けられない。共肉を垂らし日々成長。

我が家のヘラルドヤッコに限ってかもだが、オオバナに比べてバブルとかコハナガタとかはポリプが水分を多く含んでいるように見える。そういうのは食べにくいんじゃないかと推測。ハナサンゴもどっちかっていうと水分多そうやし、えのきっぽい形状が食べにくそう。オオバナはそれらに比べてもちっとして肉が多そうなイメージ。小さい口で啄ばむことを考えたらやっぱ肉っぽい方へいくんかなぁ。なのでもうそういう系は控えた方がいいかもしれん。

何にしてもヘラルドはメインにいるべき存在だし、サンゴを食べることがあればサンゴを移動するしかない。サンゴの移動に困る飼い方はしたくないので、OFの容量や光量の加減とか考えながらやっていきたい。それにしてもヘラルドはよく食べる。粒餌も積極的に取りに来るようになったし常時苔を啄ばんでる。フンを見てよく食べてるなぁというのがわかる。植物食なことも。

OF水槽にオオバナを避難させたことを機にコブヒトデ2匹は内掛けミニボックスに移って頂いた。サンゴを食べるかは不明だが、貝でも海藻でも居る生物食べ尽くす感じやし、乗りあげられたら困るし致し方ない。あまり動かないので支障はなさそうである。

今月1日、キャメルが我が家にやってきてから初の脱皮。何を食べてるのか不明だったが、苔とか食べてエネルギー蓄えてたんかなぁ。

Vfsh0031_3 写真は先日夕方ライトアップした直後。触手っぽいのを出してた。だいたい暗がりでは縮んでるイメージだったが、触手を持っていたとは。透明でゆらゆら動く様は幻想的。

Vfsh0030_6

横から。餌探索中?

たらこ新メニュー

Vfsh0029 明太子パスタ、明太ごはんに続く明太子料理シリーズ第3弾。しかし今までのは簡単過ぎて料理と言っていいのかも不明です。今回は肉団子に混ぜてスープは中華風にした。といってもオリジナルではなくネットからお知恵を拝借したものです。新メニューを作る際はオットの一口目に緊張が走るが、好評でよかった。団子は味付けしなくても明太子(といっても辛さがあまりないのでめんたいに近い)の味で食べれます。

(訳あり わけあり バラ)明太子 たっぷり1キロ

(訳あり わけあり バラ)明太子 たっぷり1キロ

チャリ旅100均めぐり2

Vfsh0033_3 本日も引き続き100均めぐり。収穫品はバンビの帆布ブックカバーしおり付き、かえるの携帯ホルダー、りんごの携帯クリーナーストラップ、そして昨日買ったあの子・・じゃなくて2匹目げっと。あひるマグネットである。すべてダイソーで。

ブックカバーは悩んだ。他のディズニー柄は個人的に好みじゃないが、バンビは可愛かったし近所では見たことないというレアさ、あと帆布ってのが決め手になった。

かえるの携帯ホルダーはセリアにあるとネットで書いてあって画像で見て欲しいと思ってたが、セリアで探しても無く、というか携帯ホルダー扱ってる店舗なのかも謎なため、でっかいとこ行かなないか~・・と思ってた矢先、ダイソーにあってびびった。一番好みの顔を選んで連れ帰る。分厚い我がケータイは入ったが腹が若干メタボ気味なので安定性が悪い。常に傾いてる感じ。そこがまた可愛い。

りんごのストラップは裏地がクリーナー素材になってて、ストラップ部分は珍しくゴムで伸縮するため携帯を拭きやすい実用性も兼ね備えた一品。これは近所ダイソーでも黄緑の青リンゴバージョンがあったが何度見ても気になるんやけどちょっと付けるにはサイズが大きいしなぁ・・と悩んでいた。だが今回は見たことない赤を発見して店内でもさんざん悩んだ結果、実用性より欲しさを優先した。

あひるマグネットはもう説明不要な感じだが。可愛い顔の子を発見してしまい兄弟にしようとわけのわからん理由をつけて連れ帰る。また店で見つける度に買ってしまいそうで怖い。もうマグネットコーナーに近寄らんようにせねば・・。

そして写真はブックカバーをレジャーシート代わりにりんご頬張る2匹の図。

Vfsh0032_3並べてみた。左が昨日買った兄。弟は頬がふっくらしており規格に一番近い顔をしてそうだが、兄は優しい雰囲気を醸し出してるので同じくらい気に入ってる。顔の形や毛並み、くちばしの色の濃さなど結構違うが、角度によっては一瞬どっちかわからんぐらい似てる。

Vfsh0030_6100均マスコットシリーズを集結させてみた。写真は高所で遊ぶ赤ちゃんくまを心配そうに見守る母親とあひる兄。四角あひるは食べ物で気を惹いて下ろそうとしている。因みにくま大はちょい前にローカル100均で、小はキャンドゥでだいぶ昔に買ったもの。四角いあひる携帯ホルダーのペンギンバージョンをダイソーで見た。他にあざらしバージョンもある。

Vfsh0029_8 救出成功の図。ひこにゃんも混じってみた。ひこにゃんを見つめるあひる兄。

Vfsh0031_6 これまでのブックカバーコレクション。すべてダイソーで。昔はダイソーは可愛いものはないイメージだったがツボにはまる商品が増えてきた。

今日は3店。帰りに寄った近所の店も入れると4店回った。チャリんこ屋で修理してもらってから行く予定だったが、休みだったためオットのチャリを拝借していざゆかん。今日の道程は昨日よりひと駅分短いので楽な方だ。地図で見た通りまっすぐずどーんと行くはずが、途中から車のみの道になり、あれ・・・と不安がよぎりつつもなんとか別の道発見。地図を丸暗記なのでイレギュラーなパタンには対応できないタイプである。地図では自転車道がわかりにくいし、信号も渡りたい側になかったりで車中心社会な感じで嫌だ。そのうち車人口も減るだろうか。

昨日思ったが昔通ってた服や雑貨の店が無くなって100均になってたり、スーパーが閉店セールしたりしてた。100均が増えるのは100均雑貨マニアとして嬉しいが、歩いていける範囲の距離にあまり増えるのはどうだろうか・・とは思う。スーパーにしても人通り多いし出入りも激しかったように思ったのだが、知らん間に寂れてたんかなぁ。もっとガラガラな店が続いてたりするし、謎だ。副業?趣味で?とかも思うがそんな余裕ある人ばかりでないだろうし。なんにしても長年慣れ親しんだ店が潰れていくのは寂しいことだ。デフレを身近に感じた出来事だった。

話が逸れたが、チャリ旅はいったん終了。もうチャリで行ける範囲で大きめの店舗は行けるだけ行ったし、遠方の小型店やマイナーっぽい100均には探してるものが見つかる可能性が0に近いのでわざわざ行かんかな。あとは予定がまだ決まってないが電車になるので何かの用事ついでに行く都会の100均めぐりと、気温的な意味で春になってから関西最大級かな。まぁでも最大級はチャリでちょっと覚悟がいる遠さなので都会で見つけたらいかんかもしれません。

チャリ旅100均めぐり

Vfsh0029_7 本日は怒涛の100均めぐり。買った物はそのまんまポンプ×3、レンジでおもち、布製ブックカバー3種、フルーツのマグネット、あひるのマグネット。

そのまんまポンプはネットで見てから気になってた。毎回詰め替えって面倒臭いし、洗わなあかんしせんで済むなら儲け物。これは詰め替え用のパックを入れるだけ。簡単で清潔。ちょうどシャンプーが無くなってたので、さっそくセットしてみた。とりあえず使えそうである。自分のシャンプー用、オットのシャンプー・ボディソープ用に3本買った。風呂場にあまり物を置きたくないのでリンスやコンディショナーの類は使ってない。ボディソープは成分がきついと聞いたのでそれ以来石鹸にしてる。石鹸やと長期間使えるしよけいなものが入ってないやつなので体にも良さそう。最近は洗顔も石鹸になってきた。オットにも勧めたがボディソープ派らしい。前に載せたスポンジのかえるの石鹸受けは大活躍中。ぬめらないし水はけもいいっぽい。石鹸も減らないし衛生的かつ経済的。家事にしても生活にしても楽したいし楽しんでやりたい。だからこういう生活の知恵な商品、大好き。因みにそのまんまポンプは200円します。ダイソーで。

レンジでおもちも前から欲しかったもの。もちをよく食べるのだがオーブンでやってた。オーブンの予熱の段階で入れとけば10分くらいで出来るが、レンジに比べたら高くつくだろうし。しかもこれはWや個数にもよるが1分以内で出来るらしい。なんと経済的。日本製だったので買うことにした。パン粉も作れます。ローカルな100均で。

ブックカバー×3はダイソーで。店舗によって置いてるのが違うのも面白い。1か所に全部揃ってるのが一番ではあるのだが・・。遠方まで行かないとなかなか無い物なのでいいのがあれば見つける度に買った。ストライプのは以前載せた下関ダイソーで買った布のやつよりビニールっぽいてらっとした素材。しおり付き。リネンの水玉のやつはボタンで留めるタイプで、若干使いにくいような・・。可愛いからいいのだがもうこのタイプはやめとこう。しおりは無し。苺のんもしおり無し。これでコレクションが5枚に増えた。こんなに買うなら作った方がいいような気もするが、家にはミシンがない。ほとんど使わず眠らせる自信があるので買う予定もない。ハギレ買っても生地が余るしなぁというのもある。他に使い道なさそうで。

フルーツのマグネットはローカル100均で。前に見たことがあり、そのときは見送ったが再会できたので勝手に運命を感じて購入。軽い素材で出来ており、他にもバナナや桃や色々なフルーツのがあった。

あひるのマグネットはダイソー。見つけた瞬間、一目惚れして購入。手に持ってたら他の商品見づらいということでカゴに入れたが、あまりの可愛さに一瞬の隙をついて取られたらどうしようと無駄にドキドキしながらレジに向かった。しょっちゅうカゴ内のあひるの安否を気にする不審者の姿が周囲の眼に映ったであろう。最近かえる系とかあひる系に弱い。

今回はチャリではるばる6店巡った。さすがに筋肉痛になる予感がする。しかしこうまでして行きたいのは同じ店でも店舗によって違うからである。掘り出し物や念願の品を見つけた時の喜びで疲れも吹き飛ぶ。これでだいたい欲しい物は揃った。苦労して行った甲斐があったというもの。しかしここまで色々回ってもやっぱりないものもある。多分でっかい店舗しか扱ってなさそうなマイナー品なので関西最大級とか行ってみるべきか。それで無かったら諦めもつくし。また暖かくなってきたらかな。

そしてこの長旅についに我が愛チャリが悲鳴を上げた。後輪のパンクである。家に着く直前で本当によかった。空気の読めるいい子だ。もう12年以上乗ってるし、摩耗もひどいのでいつタイヤ自体がダメになってもおかしくないとは言われていた。なのでただのパンクなのかタイヤ自体の破損なのかは不明。見た目も相当ボロいのでうっかりキーを付けっ放しにしたときも何度かあるが誰も盗らないほどだ。両親は20年もたせてるので、私も最低でも15年は乗りたい。

Vfsh0030_5

あひるさんアップ。カメラ目線で。多分本来ふっくらしてないといけない右頬にしわがあるが、それもまた持ち味。置いてた店にも2個しかなく、他の店舗には全くなかった超レアな存在なので会えただけで満足。

Vfsh0031_5遊んでみた。コリラさんの口元がこそばゆそう。

サンゴ状況

Vfsh0035 ハナサンゴ(下)とコハナガタ。ハナサンゴは身がどんどん広がってきてる。コハナガタは透明黄緑の共肉をたらんと垂れ下げながら広がり中。この黄緑は本当に綺麗で、海水魚歴2年近くかかってようやくサンゴの良さに気付いた。

Vfsh0034_2バブル。今度は完全に閉じているところ。ライトアップ直後は共肉が完全に骨格の中にひっこんでる。水泡っぽい部分がちょっと出てる程度。こっから徐々にぷわ~と膨らんでいつもの姿になる。

Vfsh0032_2寄り。共肉部分は口の中に収納され、水泡部分は完全にしぼんでるのが分かる。

Vfsh0030_5水面から。こっからだと警戒されにくいので撮りやすい。けど光や泡の関係で難しいときも。

Vfsh0029_5炭オブジェがお気に入りのハタタテさん。頭隠してなんとやら。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

タンクメイト

  • ・・・海水水槽・・・90*45*45
    アザミハナガタサンゴ(10/02/06)
    カクレクマノミ(16/04/23)
    デバスズメ×2(16/05/14)
    ナンヨウハギ(16/08/25)
    オトメハゼ(17/03/18)
    キンギョハナダイ(17/05/05)
    デバスズメ×7(18/02/02)
    ・・・バイコム30キューブ・・・
    クサビライシ(10/03/20)
    ゴマハギ(12/02/04)
    ミスジスズメ(15/08/11)

サイト内検索

無料ブログはココログ